歯科医院のホームページリニューアル

このような悩みはありませんか?

  • 今あるホームページをより決定力のあるものにしたい
  • 医院を改築・改装したからホームページを新しくしたい。
  • ホームページからのお問い合わせを増やしたい。
  • 今のホームページは古い感じがする。
  • etc...

リニューアルした方が良いホームページとは?

リニューアルしようかなと考える方のほとんどは古いホームページを使っています。
しかし、本当にリニューアルした方が良いホームページというのは、「古い」だけではありません。
ではどのようなホームページがリニューアルした方がよいのでしょうか。

  1. 作成して10年以上たったホームページを使っている

    SEO対策もおろそかになっている可能性があります。デザイン的に古く見える場合は、見に来た患者さんも古い印象を受けてしまうことも...

  2. ホームページからのお問い合わせが減った。

    ホームページの最大の役割は「売上に繋がる集客」、これができていないのであれば早めの対策が必要です。

  3. 全体的に写真が暗い。

    ここでいう暗いは色味的な暗さではなく、暗い印象を与えるという意味です。写真が変わるだけでホームページの印象も変わります。

  4. 新しい治療法・機器を導入した。

    全体のリニューアルまでしなくてもよいのですが、せめて新しいページを作り、治療法・機器の説明をした方が決定力が上がります。

  5. スマホに対応していない。

    早急にリニューアルして下さい。今現在GoogleはPCページよりスマホページを重視しているため、スマホに対応していないだけでSEO順位は下がります。

歯科医院ホームページ実績※タイアップ含む

なぜリニューアルした方がよいのか

ホームページの最大の役割は「売上を上げる」ことです。
そのためにはSEO対策で「集客」をし、ホームページを見てここがいい!と「決定」してもらわなければなりません。
あなたが今持っているホームページがこの両方ともできているのであればリニューアルする必要はまったくありません。
しかし、どちらかでも欠けている場合、「売上に繋がるホームページ」にリニューアルすることをおすすめします。

患者さんの為になるリニューアル

今のSEO対策はGoogleへの対策といっても過言ではありません。
なのでGoogleに対するSEO対策をすればいいのですが、Googleは毎年のようにアルゴリズム(検索結果を良くするための内部的な計算方法)を変えます。

1年前のSEO対策が今年使えなくなることもあるのです。

こう言われると不安に思われるかもしれませんが、Googleがなぜ頻繁にアルゴリズムを変えるのかを知れば、この先続くSEO対策にもついて行くことができます。

ではGoogleがなぜ頻繁にアルゴリズムを変更するのか、それは「ユーザーファースト」です。

ユーザーがいかに便利に使えるのか、ユーザーにとって有益な情報をいかに提供できるのかを、時代の変化とともに追っていくため、頻繁にアルゴリズムを変更せざる得ないのです。
もちろん細かなSEO対策のテクニックはありますが、まずは「患者さんの為」という本筋がなければ、いつかGoogleにはじかれてしまいます。
そして「患者さんの為」になったホームページは勝手に決定力も上がります。

ではあなたのホームページはどうでしょうか?
時代に合っていない古いデザインのホームページになっていませんか?スマホに対応していますか?笑顔の写真で患者さんを迎えていますか?
もう一度患者さんの為を思って見返してみてください。

グッドリンクのリニューアル

ホームページのリニューアルといっても、ただデザインを変えるだけだともったいない。
今使っているホームページより集客ができて決定力がある、売上につながるホームページへリニューアルしたほうが絶対に得です。
グッドリンクでは、売上がアップにつながるホームページにするために「集客」と「決定力」の2つを軸を中心としたホームページのリニューアルをしております。

「集客(SEO対策)」+「決定力(ホームページ)」=「売上」

  1. 集客(SEO対策)

    ホームページ上での集客といえば「SEO対策」です。今ではSNSを使った集客もありますが、まだ検索エンジンを使った集客のほうが効果があります。

    SEOには大きく「内部SEO対策」「外部SEO対策」の2つがあり
    「外部SEO対策」については、よりSEO順位を上げる時に必要なもので、別途成果報酬が発生します。
    リニューアルの際に行うのは「内部SEO対策」です。
    内部SEO対策はSEO対策の中でも基礎でありながら、Googleがもっとも重視する対策です。
    いたるところにSEO対策をちりばめ、Googleのアルゴリズムが時代とともに変わっていこうが、すぐに対応できる内部SEO対策をしております。

  2. 決定力(ホームページ制作)

    ホームページリニューアルの基本は
    ・見やすいデザイン
    ・患者さんを想った文章
    ・笑顔の写真
    の3つです。

    見やすいデザイン

    私たちが行うホームページデザインは、奇抜でオリジナリティがあふれるものではありません。
    もちろん、要望に応えつつ今風なデザインにしていきますが、ホームページデザインで最も大切なのは患者さんの知りたいをすぐに提供できるかどうかです。
    患者さんが自分の悩みにピッタリのページをどこからでも跳ぶことができ、患者んの悩みを解消してあげる。
    このようなホームページデザインにいたします。

    患者さんを想った文章

    あなたのホームページを見返してみてください。文章は心に伝わりましたか?
    今の時代、文章より写真などパッと見てわかる方が重要だろうと思うかもしれませんが、自費治療などの高額治療の患者さんほど文章をくまなくチェックします。
    それはそうですよね、一生懸命働いて働いて、何年もかけて貯めたお金を使うのですから、より真剣になって歯科医院を探しますし、信頼できる先生かを調べます。
    そして、信頼できる先生どうかの判断は経歴などではなく、心に伝わる文章かどうかで決まるのです。
    このような患者さんの心に響く文章は実際に患者さんに接する先生にしか書けません。
    「この先生なら私の苦しみをわかってくれそう」「真剣に向き合ってくそう」と思えるような文章を書くお手伝いをいたします。

    笑顔の写真

    病院の雰囲気がシックでモダンだからといって笑顔の写真がまったくないのは問題です。
    あなたが道に迷ったとして、ムッとした人と笑顔の人だとどちらに話しかけますか?多くの人は笑顔の人だと答えるはずです。
    笑顔は人を引き付ける力を持っているのです。
    もちろん真剣な顔がダメという訳ではありません。大切なのバランスです。笑顔の写真が8割以上が理想です。
    笑顔の写真には求人に関しても大きなメリットがあります。就活中のかたは福利厚生などの待遇はもちろんみますが、なによりも気になるのが宿場の雰囲気です。
    どんな良い待遇でも、真剣な表情ばかりの写真だと「楽しくない医院なのかな」と思われてしまい、、求人はなかなかきません。
    患者さんにも求人にも「この医院温かそう」と思ってもらえる写真を使って、ホームページ決定力をアップさせます。

リニューアルにおける注意点

リニューアルをご希望の場合、サーバーの情報ドメインの情報が必須となります。
サーバーとドメインの情報がなければ、ホームページのリニューアルができませんのご了承ください。

リニューアルの流れ

STEP.1
お問い合わせ

おおまかな予算組や納品までの流れを説明

ホームページの現状確認

所在地などの確認

質問の受付

初回打ち合わせの日程決め

STEP.2
打ち合わせ

ページの構成案とデザイン案について説明

内部SEO対策のための、ターゲット層の選定

写真撮影をご希望の確認

今後のホームページ管理について

これらを決定した後、予算の提示

予算にご納得いただき、注文書の内容に理解いただき次第作成開始

STEP.3
作成開始

トップページのデザイン案作成

下層ページのデザイン案作成

テキストの挿入※テキストは考えていただく場合が多いです。

デザイン案の了承をいただく

写真撮影

トップページのコーディング

下層ページのコーディング

コーディングしたページの了承をいただく

STEP.4
納品

完了品を確認していただき、了承を得次第納品

ホームページの管理について説明

今後のSEO対策について説明

納品後のサポートについて

STEP.5
管理と報告

月ごとの報告(※上位に入り次第料金をいただきます。)

ご依頼人様の集客状況確認(※売上アップを目標しているため)

歯科医院様へのサポート

QR

↑↑クリックして友達を追加

タイアップ先

Tie-up

インターネットコンサルティング アルクジャパン 様